Members' Assembly 2016

Members

IUCN is a democratic membership union – find out about our Members and how to join IUCN.

Dmitry Telnov, photograph saproxylic longicorn beetle

IUCN Commissions

Find out what volunteer experts worldwide achieve and how to become involved.

Butterfly Photo: matthiasfr / pixabay

New strategic initiatives

IUCN is launching new strategic initiatives to address emerging issues in nature conservation.

197

States and government agencies are Members of IUCN.

1200+

NGOs and indigenous peoples’ organisations are part of the network.

Become a Member.

18,000+

Experts in six Commissions  assess the state of the world’s natural resources.

160+

IUCN has Members in more than 160 countries. Visit our regional pages.

  • Africocypha varicolor Photo: André Günther

    世界中で湿地が消失,トンボ類が絶滅の危惧に - IUCNレッドリスト


    2021年12月9日,スイス,グラン発(IUCN) – 湿地の破壊により,世界中でトンボ類の減少が起きている.本日の『IUCN絶滅危惧種レッドリスト™』最新版での初めての地球規模でのトンボ類評価で明らかになった.トンボ類の減少は,それらが繁殖する沼沢地や自然河川の広範な消失の徴候である.湿地の消失はほとんどが持続不可能な農業と都市化により引き起こされている.
  • African forest elephant Photo: Frank af Petersens, Save the Elephants

    アフリカのゾウは「危機(EN)」と「深刻な危機(CR)」に – IUCNレッドリスト


    2021年3月25日,スイス・グラン発 (IUCN) – 象牙目当ての密猟と生息環境の消失が原因でここ何十年間にわたり個体数が減少したことにより,『 IUCN絶滅危惧種レッドリスト™』でアフリカのシンリンゾウ(マルミミゾウ, Loxodonta cyclotis)は「深刻な危機(CR)」,サバンナゾウは (Loxodonta africana)「危機(EN)」と評価された.本日の最新版までは,アフリカのゾウは単一種として扱われており,「危急(VU)」であった.遺伝的証拠の出現に伴い,初めてIUCNレッドリストでこれら2種が別々に評価された.
  • European Bison (Bison bonasus) Photo: Rafał Kowalczyk

    IUCNレッドリストによると,ヨーロッパバイソンの個体数が回復,31種絶滅宣言


    2020年12月10日,スイス・グラン発 (IUCN) –本日公表されたIUCN絶滅危惧種レッドリスト™の更新版によると,継続的な保全努力のおかげで,ヨーロッパで最大の陸上哺乳類であるヨーロッパバイソン(Bison bonasus)が「危急(VU)」から「準絶滅危惧(NT)」に移動したことが明らかになった。この更新版により,31種が「絶滅(EX)」カテゴリーに移動した。世界の淡水産イルカ類全種が今や絶滅危惧にある。

Keep up with the latest in conservation, subscribe to one of our IUCN newsletters

Last updated - Tue, 1 Mar 2022
Go to top